歴史の概要紹介

 この歴史ページでは、概略紹介ページと、別途詳細版ページに分けています。概略紹介は、下記をご覧下さい。また、(詳細ページの)『歴史紹介』(詳細版は、ここからクリックして、ご覧下さい)もあります。なお、今後も追加掲載をしていく予定です。

由来
 竹生島流棒術は、難波平治光閑(なんばへじみつのり)が、竹生島の弁才天より長刀一流を夢想奉得し、源平合戦に出陣した。その長刀でよく奮戦したが、戦の最中、長刀の込本から折れたが、あわてず、その柄を長刀の手で戦い大勢を討ち取ったという。これより棒術を編出し竹生島弁才天の冥恩であるとして竹生島流棒術と名付けた。

竹生島宝厳寺の認証状
 竹生島宝厳寺より代々宗家に対し、竹生島流棒術の正統な宗家であるとして認証状が発行されている。

流派の特徴

 竹生島流棒術の武具は、太刀、槍、鎌、薙刀(なぎなた)等と違いただの棒にすぎず、大変不利な武器のため、「一技で敵を討し或は取押さえならず、常に臨機応変に必勝対処しなければならず」と伝承されてきた。心と技を修練して即刻一本の技で勝つようにしなければならない。
 
系譜
 流祖(摂津)難波平治光閑  二代(摂津)竹内文左衛門  三代(庄内)佐藤左戸右衛門  四代(酒田)佐藤七兵衛安成  五代(酒田)梶原久三郎保影  六代(鶴岡)清水弥太夫  七代(鶴岡)岡田安兵衛 八代(鶴岡)大戸亦助一 九代井上祐平 十代村上文六本道 十一代上野和吉利義 十二代大屋喜八紀長 十三代大屋作右衛門純明  十四代関弥次兵衛長明 十五代岩瀬一心斎重周  十六代松浦政次郎好易  十七代松浦良夫易信  十八代松浦寛澄<現宗家>
棒と剣
 竹生島流棒術では六尺一寸の棒を使う。通常の棒術の棒より一寸(3.3cm)長いのが特徴である。半棒は四尺5寸もしくは四尺を用いている。打ち方(うちかた)が用いている太刀(たちは)は三尺ニ寸で、皮に詰め物した袋状の鍔(つば)を使っている。
 

出典、写真提供、参考資料一覧は、ここからご覧下さい。



竹生島流棒術