・ケーナ奏者:阿部紀男氏




 
プロフィール

   1956年 北海道美唄市生まれ。

同じくケーナ奏者・編曲者として知られる故阿部次昭氏の実兄

デザイン会社を経営される傍ら、ケーナ奏者として各地でのライブ活動を行い
ケーナ教室での指導にも尽力されている。


 


ケーナ 【Quena】

   南米(ペルーやボリビア等)のフォルクローレと呼ばれる民族音楽に使われる楽器で

あの「サイモンとガーファンクル」の「コンドルはとんでいく」は、このフォルクローレが元になっています。


元来は、カーニャと呼ばれる葦で作られていたそうですが、
現在では、民芸品などを除く演奏用として輸入される物には竹製が多いようです。
(中には、牛骨などで作られている物もあります。)


一見、日本の尺八に似ています。 日本製のケーナは、主に『女竹』が使われています。

小中学校で手にする『アルトリコーダー』(縦笛)より 指孔が1っ少なく、表側が6っ、裏側に一っ開いています。(ちなみに、一般的な尺八は表4っ裏1っの5孔)
音階は、G管と呼ばれる物で、全孔を塞ぐと最低音が[ G(=ハ長調の)]になります。


 
  日本国内には、沢山のケーナ奏者(プロ &アマチュア)の方がいらっしゃいます。
  ブログやホームページは楽しいものばかりです。
  興味のある方は、ググッ(検索)てみて下さいまし♪
 


 

阿部紀男  ケーナ・コンサート
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

    2010年5月21日(金曜日)
余市町大川2丁目19番地   『ESPRESSO CAFFE 珈蔵(かくら)』で阿部紀男氏のケーナ・コンサートが開催されました。


「銀河の森」、「草原情歌」を始め「スタンドバイ・ミー」、 そして定番の「コンドルは飛んでいく」まで20曲余に及ぶケーナ演奏で汗だくの阿部氏。

阿部紀男 ケーナコンサート
(阿部紀男氏=写真右、[ onMouse ] でズーム)

   写真左のギター演奏は、鷹橋伸司氏。
故阿部次昭氏のライブやレコーディングがご縁らしく長ぁ〜いお付き合い…。
札幌を中心に全道で活躍中のプロギタリスト。


 

-- >> 鷹橋伸司氏のウェブサイト  "www.shin-g.com"




 


ケーナ教室  
     ※  日程などが変更になる場合があります。
      また、下記の会費には、教材費(ケーナ・教則本)は含まれません。
      参加希望の方は、予め日時や費用等ご確認下さい。
     
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

● ケーナサークル 風音(かざね)

 
    日時:毎月一回   15:00〜
    会費: 月額 1,000円
    場所:  美唄市東明2条3丁目1−12
                    浄土真宗本願寺派 臥牛山 常光寺   [HP] 常光寺どっとネット
    お問い合わせ/ 電話: 0126-62-3201
                    /メール :joudosinnsyuu-joukouji-bibaicity@joukouji.net

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

● 栗山ケーナの会

 
    日時:毎週水曜日   15:30〜
    会費: 月額 1,500円
    場所:  栗山町

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

● 札幌ケーナ教室

 
    日時: お問合せ下さい
    会費: 月額 2,500円
    場所:  札幌市中央区南9条西16丁目2−20 都マンション
            喫茶&カラオケパブ 『レデースハウス』 2F
            (市電/ 西線9条旭山公園通停より徒歩約5分です。)

    お問合せ/ 電話: 011-563-5558 菅田さん(すがたさん=ママ)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

● 仁木女性ケーナの会

 
    日時: 毎月一回   18:30〜
    会費: 月額 3,000円
    場所:  仁木町

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


 




<< [戻る]

< [東明簡易マップ] >

居酒屋『幸楽』番外編 >>