大貫丸
 

メニュー

ホーム
写真で見る最新釣り果情報
リアルタイム更新釣り果情報
掲示板
船のご紹介
釣りカレンダー
釣り用語集
リンク集
メール
 

釣り用語集

これだけは知っておきたい釣りの用語集(暫定版)

まだ制作途中でこれから増やしていく予定です。
皆さんからの用語募集しています。
解説もいれていただければ幸いです。
投稿はこちらoonukimaru3@tiara.ocn.ne.jpまで


あ行
一荷(一荷釣り) 2尾の魚を同時に釣り上げること。ちなみに3尾を同時に釣り上げるのは一荷半という。
居つく 魚は群れで回遊し生活するものと一定の岩礁地帯の海底を住み処にしているものに大別できる。
入れ食い 大きな魚の群れに当たり、次から次へと釣れ続くこと。これを経験すると釣りをやめられない!?
エラ洗い 魚は釣り上げられるとき必死に逃げようと抵抗する。特に鋭いエラを持つ魚は、ジャンプなどしてハリスを切ろうとする。その動作をエラ洗いという。フッコ、スズキがその代表。
えんがわ 魚の背ビレの付け根にピアノの鍵盤状にたくさんの筋肉が並ぶが、その部分をえんがわという。特にヒラメはその部分が大きく発達し、脂ののりも良くたいへん美味。
沖釣り 海の釣りで、船で沖に出て行う釣りをいう。大貫丸は、もちろん沖釣り船です。

ページトップへ戻る

か行
回遊魚 一定の場所にとどまらず、群れを作って移動しつづける魚。カツオがその代表。大貫丸では、イナダやハナダイを狙って出船します。
汽水域 大きな河川の河口近くは、潮の満ち引きで塩水と真水が混ざり合うが、そのような河口近くをいう。大貫丸のテリトリー付近では、久慈川河口があります。
棘(きょく) ヒレをささえる骨とその付近にあるトゲをいう。
魚探 魚群探知機のことで、海中の魚の様子を探る優れもの。これがないと釣りになりません。
外道 目的とする魚以外の魚が釣れたときにいう。
ハナダイ狙いでヒラメが釣れるようなうれしい外道なら大歓迎!
コマセ(コマセ釣り) 魚の群れを寄せる目的でまきエサをかごや網に入れて行う釣りのこと。そのまきエサをコマセという。でも、茨城の海では禁止されています。(海水汚染防止と乱獲防止のため?)
五目釣り 数種の魚を釣ること。日立の海は魚種が豊富なので、五目どころか7〜8目ぐらい釣れる日もあるよ!

ページトップへ戻る

さ行
栽培漁業 魚の卵を人工的にふ化させ、生け簀などである程度の大きさになるまで育て、やがて海に戻す方式の漁業のこと。茨城県では、県の魚であるヒラメの放流をやっています。
竿頭 船中でその日に一番多く釣り上げた人。みんな目指していますが、これがなかなk…。
サビキ(サビキ釣り) 釣りの仕掛けの一つで、6〜12本程度の擬似バリをつけたもの。これとコマセを併用した使う場合が多い。
GPS グローバル・ポジショニング・システムの略。人工衛星からの信号で現在の船の緯度経度を知ることができる。好ポイントなどは位置情報を記憶することができ、連日の爆釣も期待!大貫丸では、GPSのさらに進化したD・GPSにより好ポイントを逃しません。
出世魚 成長することにより呼び名の変わる魚。モジャコ→ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ、 セイゴ→フッコ→スズキが特に有名。地域によって多少呼び名が違う。
側線 尾ビレの付け根から体側を上下に分けるようにうろこが1本の線上に見える姿をいう。

ページトップへ戻る

た行
大陸棚 水深200メートル付近の沖合いから深く落ち込む深海につながる傾斜地の海底をいう。
高根 岩礁地帯の海底にはさまざまな起伏がある。その中で特に高く出っ張った岩礁を指す。一般的に魚の寄り場として釣りの好ポイントとされる。
タナ(棚) 魚のいる水中の位置を示す言葉で、海底すれすれであったり、中層や上層の魚もいる。そこに仕掛けを合わせて釣ることをタナを合わせるという。
血抜き 魚が生きているときに、エラや首、尾ビレの近くに包丁を入れて血を抜くこと。血抜きで生臭さを押さえたり、鮮度落ちを防いだりする。活きじめともいう。
テトロドトキシン フグが持つ毒で、主に卵巣・肝臓に多く、他の内臓や皮、身などに毒を持つ種類もいる。毒性が強く人間を死に至らしめることもある。

ページトップへ戻る

な行
なぶら 主に回遊魚の群れが海面すれすれに集まり、エサを取ったりするとき船上から目視できるむれのこと。海面が盛り上がって見えるほど大きな群れもいる。
海底が岩礁地帯であることをいう。凹凸が激しかったり、平坦な岩礁帯もある。
根物(根魚) 根を住みかとしている魚。それらを狙いのが根魚釣り。大貫丸では、カサゴ・ソイ・メバルなど狙っています。
のっこみ 普通沖合にいることが多い魚が、産卵などのため沿岸近くの比較的浅い海域へ集まってくること。

ページトップへ戻る

は行
ホバリング ヘリコプターが空中で静止している状態をいうが、魚も同じように海中でヒレだけ動かして浮くように静止している状態のこと。カワハギが有名ですね。

ページトップへ戻る

ま行
まつり(オマツリ) 仕掛けや幹糸が他の人のものと絡むこと。自分一人で絡むことを手前まつりといい、釣果を伸ばすために早めの復帰が大事。
メゴチばさみ 魚にはトゲがあったり、体表がぬるぬるとして素手ではつかみにくいものがいる。小物釣りで出会うメゴチが代表格。このときに使う道具。

ページトップへ戻る

や行

ページトップへ戻る

ら行

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る