ウォーキングで楽しくダイエット

    
  

徒歩旅行


    徒歩旅行について
       ・中〜上級者向けウォーキングです
        ウォーキングでからだを動かすことの気持ち良さを実感できたら、
        少しずつ長距離のウォーキングに挑戦してみてはどうでしょうか。 

       ・長距離ウォーキングは新しい自分を発見するのにも良い経験です。
        ただし、今まで歩いたことがないような長距離を歩く場合は
        注意が必要です。

       ・事前の準備と無理をしない歩き方を心がけて下さい。

       ・のんびり楽しむのが良いと思います。

長距離ウォーキングにチェレンジする前の準備


       ・長距離ウォーキングに初めて挑戦するなら、
        数ヶ月前から準備します。

        □ 体調を整える
        □ 食事のタイミング
           (満腹の状態で運動をすると、腹痛や消化不良を起こしやすいので、
               ウォーキング前の食事は腹八分目にしておきましょう。
               また、食事は歩く直前に摂るのではなく、
               できれば2〜3時間前に摂っておくのが理想的です。)

        □ 距離を考える
            一般的に徒歩の移動速度は時速4〜5kmです
            (但し旅行者の荷物や道程の環境にもよります)
               (参考)
                 例えば1日のうち、食事、睡眠及び休憩を除く正味8時間を歩く場合には、
                 30Kmを距離の目安とする人が多いです。


        --------------------------------------------------------------
        □ 持ち物
            (参考)
                 使用するグッズはトラブル防止のために、普段から使い慣れているもの、
                 何度か使用して、使い心地を確かめたものを用意するようにします。

        □ 荷物は最小限にする
              荷物を最小限にする。
                 長距離を“快適に歩く”ために背負うことができる重量は、
                 体重のおよそ1/5の重さまでと言われています。

                 例えば、体重が60kgの人であれば、
                 装備は12kgまでに抑えたほうが良いということです。

                 普段から歩き馴れている人や体力のある人でも、
                 荷物の重さは体重の1/3の20kg程度だと言われています。
                 工夫してなるべく軽くするよう厳選しましょう。


        □ ウォーキングシューズ
            ・普段使い慣れた物
            ・新しいシューズは、まだ足に馴染んでいないために
             マメや靴擦れが起きやすいです。
             長い距離を歩くので、ケガやトラブルはなるべく避けたいので
             履きなれた靴を履き、なるべくマメが出来ないように
             気をつけた方が良いと思います。
        □ ウエア
        □ バッグ類
            ・日帰り〜数日の場合はデイパック、がお勧めです。
            ・バックの形は荷物を詰め背負タイプが良いです。
             数週間〜数ヶ月に亘る場合は、登山で使用する大型のリュックサックがお勧めです。
            ・旅の過程で必要となる荷物を背負って歩くことが多いので、
             荷物の大きさと重量は可能な限り小さく軽くした方が良いです。
               ・荷物が多い場合は、カートやリヤカーなどを利用し
                バックパックなどを使わない例もあります。

        □ 帽子
        □ サングラス
            ・小物類も普段から使い慣れているものが安心です。
        □ 休憩時に摂る食物
        □ ケガやトラブルに備えた救急セット
        □ レインウエア(天候の急変に対応できるように)

        --------------------------------------------------------------

速度


       ・長距離ウォーキングはマイペースが一番です
           早く歩きすぎないこと
           長距離を歩く際は、
           少しのペースの乱れや無理が
           足を痛める原因となります。
           最後まで気持ち良く歩くために
           ゆっくりマイペースで歩くと良いと思います。

       ・長距離ウォーキングでは、最後まで体力を残しておけるよう、
        歩く速度は普通からやや遅いぐらいで、
        一定のペースを保ちながら歩くようにしてください。
        スタートから飛ばしてしまうと、
        途中で疲れてしまいリタイアということもあります。

       ・地図と時計を用意しておき、
        1時間でどれくらいの距離を進んだかをチェックしながら歩くのも、
        ペースを一定に保つためのひとつの方法です。

焦らず、休憩をこまめに取ること


       ・休憩回数は、通常のウォーキングよりも意識して
        多めに休憩を取るようにしましょう。
        目安としては、1時間歩いたら1回の休憩、
       ・または距離にして5キロメートルほど歩いたら
        1回休憩を入れる位が適しています。

    休憩時間の過ごし方

       ・1回の休憩時間は5〜10分程度で、
        この間に水分やエネルギーの補給をします。

       ・また、足首を回したりアキレス腱を伸ばしたり、
        肩や首、腰を回したりして、
        固くなった筋肉をほぐしておくと疲労予防につながります。

       ・長い時間、履きっぱなしのシューズ内は
        汗などで湿気がこもっており、
        そのまま履き続けているとシューズの中で足が滑りやすく、
        マメや靴擦れの原因にもなります。
        休憩時間を利用して、シューズを脱いで足を乾かし、
        靴下を履きかえるようにするのも良いです。

水分補給を忘れずに!


       ・汗をかくと体内の水分が不足しますので、
        それを補うために水分補給が必要となってきます。
        水分補給は、のどが渇いたと感じる前に
        少量をこまめに摂ることがポイントです。
        そのため、休憩時間以外にも少しずつ補給するのが良いと思います。
        1回の補給量は口に含める程度で十分だそうです。

  


  

     肉体的な疲労
       ・徒歩旅行は、日焼けや風・雨など
        自然環境の変化を直接受けるため、
        肉体的な疲労が他の移動手段と比較した場合、非常に大きいです。

     精神的な疲労
      ・普段の生活で飛行機や鉄道や自動車など
       高速で効率的な移動手段に慣れている為
       歩く速度がゆっくりに感じ
       精神的に苦痛に感じることがあるかもしれません。

  

       でも楽しい事もあります。

     江戸時代までの日本では
       主要街道でも 徒歩がもっとも一般的な交通手段でした。
       それと比較して、交通機関が発達した現代では、
       乗り物を一切使わずに自力で目的地までたどり着くという、
       最も素朴で過酷な経験が得られるのは貴重な体験だと思います。
     徒歩旅行の記録を残した歴史上の人物には、
       小林一茶、与謝蕪村、松尾芭蕉、種田山頭火などが挙げられます。
       好奇心旺盛な場合、体力維持のみでなく歴史散策など
       別の楽しみもウォーキングに織り込む事ができます。
     記録を残し、手軽に発信できます。
       最近では、インターネットカフェやマンガ喫茶、
       またノートパソコンや携帯電話の普及により、
       個人でホームページ又はウェブログを容易に作成する事ができるので、
       旅行の過程を日記形式の旅行記や紀行文として
       リアルタイムに公開して、楽しむ人が増えています。
Copyright (C) 2008 ウォーキングで楽しくダイエット , All rights reserved.