リニモのページ

       
 愛知万博の足として新しい乗り物がこの地に開通した、車体を浮上させて藤が丘から9駅で八草駅までの所要時間は約17分で愛知環状鉄道と接続しています。 万博が終り乗客の減少が悩みだそうです、乗客増加のに知恵を出してリニモ発展させたい。     

ホームドアーが開いた 地下鉄藤が丘でリニモに乗り換え興味しんしんだ、何でも電気モーターのシャフト側のコイルが軌道に敷かれ、モーターの外側の回転部にあたるコイル部分が電車側に取り付けられている。ホームには転落防止のドアーがある。
軌道 少しボヤケテいるがリニモの軌道だ(線路)、藤が丘駅にて
リニモのコクピット リニモの運転席で運転者?らしき人がいるが何も操作していない、すべて自動運転だ操作盤には一切触れていない右端のノッチは前方に倒れたままです、乗り心地は最高だ走り出すと微かにモーターらしき音がするがあのレールの継ぎ目を通過する音はまったくない浮上しているのだ、何でも6ミリ程度の浮上で車体のギャップセンサーで浮上間隔を制御しているらしい。
地上に出ました 藤が丘からは地下軌道で次の「はなみずき通り駅」付近で地上に出る、このあたりはカーブも多く杁ケ池公園駅まではまだ低速度運転だ。
直線走行 長久手古戦場駅のあたりから直線軌道で速度が出るが最高速度は100k/h制限、92k/hでもまったく静かに走る。
対向車とすれ違い リニモのすれ違い
スピードメーター このあたりで路線での最高速度の92k/h
コクピットのディスプレイ 運転席のディスプレイ、芸大通駅で停車中画面で進行方向右側のドアーが開いた(下側の赤いマーク)。
万博会場の手前 まもなく万博会場駅
万博会場駅 万博会場駅に到着、藤が丘からの所要時間12分。
3両編成 藤ヶ丘〜八草を軽快に走行するリニモ
夏のラップで コマーシャルで夏の色? になったリニモ
車内は少し狭い 車内風景
リニモの最後尾 最後尾車両です。
EXPOの思い出1へ TOPへ戻る