TOP PAGE
近代土木建造物、復元3DCG.CG
福島の近代土木建造物 十六橋水門

十六橋水門、昼景の3DCG.CGです。
タウン情報誌「街こおりやま」の平成16年11月号の表紙になりました。

十六橋水門、夜景の3DCG.CGです。

十六橋水門、猪苗代湖側の3DCGの立面画像です。

十六橋水門 (大正初期) 土木学会選奨土木遺産指定
近代土木建造物の十六橋水門は猪苗代町戸ノ口に所在します。2002年に東京電力丸守発電所と共に土木学会選奨土木遺産に指定されました。 かつて猪苗代湖の水は日橋川のみに依り日本海側に流れていました。その昔、その日橋川に橋を架けようと十六の塚を築き橋を架け渡した事が始まりと言われ、そこに水門機能を付けた事で十六橋水門と呼ばれるようになったようです。白虎隊の悲劇も戊辰戦争時、官軍が十六橋を渡る事を阻止しようとした行動の中での出来事です。
東京に電力供給の為そして安積疏水を建設して猪苗代湖の水を安積平野に東注する目的と猪苗代湖の水資源を有効に利用する為大正初期の改修工事で水門と橋が分離された現在の姿になりました。
駆動する滑車、軸受け部分は隠れている歯車チェーンまでモデリングして収納ケースとのバランスを計って制作しました。CG作品完成まで1年半程かかりました。