釣り日誌

  笠ちゃんのホームページ トップ                               

  2000-2003釣り日誌はこちら
              2004釣り日誌はこちら
              2005釣り日誌はこちら
              2006釣り日誌はこちら
              2007釣り日誌はこちら
              2008釣り日誌はこちら
              2009釣り日誌はこちら
              2010釣り日誌はこちら
2011


平成23年7月16日 夏タチウオ

 
 釣行先  神奈川県 鶴見  富士丸
 同行者  
弥さん


大型が多く釣れていると言う夏タチウオへ行って来た

釣れている水深は20m〜10mで夏タチのタナだけど、釣れるサイズが深場サイズらしいので楽しみ!ってことで、初タチのわたるさんと二人で鶴見富士丸から出船

釣り座は右舷艫2,3番

船宿から支給される餌は定番のサバの短冊と、食いが悪いときには使ってみてと配られた冷凍きびなご

7時の定刻に岸払いでポイントの金谷沖まで航程1時間、タチポイントには船団が出来て、船がひしめき合っています

船団に突っ込んで投入合図が出ますが、どの船でもタチを抜きあげている船が居ません

最初はサバ餌でやってみますが、アタリがありません
艫のおっちゃんがキビナゴに替えたらあたったよ〜と、指3本のタチを抜きあげる
こちらも、キビナゴに替えて投入するもあたりません

そこで、持ち込んだ特餌?サンマを付けてみると・・・・アタリましたが、合わせが早いのか・・・居なくなっちゃいました
仕掛けをあげてみると、餌はきっちり取られています

再度サンマを付けて投入すると、アタリが ガマンしてそのままジ〜と食い込むのを待って、強い引き込みで合わせると、掛かりました
上がって来たのは、指5本のドラゴン級
このサイズ初めてかも・・・・毎年釣れる夏タチって指3本のイメージしかないんだけどね

その後わたるさんにもドラゴン級が釣れて一安心

一時、船団から離れて探索するが、投入合図が出ても、すぐに巻き上げてぇ〜、アタリ無く、もとの船団に戻ります

しかし、これ以降はたま〜にアタリがあるものの掛けられず、鯖が1匹釣れただけで、沖揚がりの1時を迎えて帰港

他の船でも、ポツポツでそんなに釣れてる様子がなかったので、しょうがないか

暑〜い1日で、日焼けが・・・服を脱いでもランニング姿。・゚゚・(>_<)・゚゚・。



平成23年6月26日 大原イサキ&オニカサゴ

 
 釣行先  千葉県 大原漁港  勇盛丸
 同行者  
小山君、佐藤さん、森岡君、伊藤君、桑原君、松下君


二週連続の今回は、大原・勇盛丸からLTイサキと鬼カサゴのリレー釣りへ、仕事仲間7人で行って来ました

家を12時前に出て、道中3人の仲間をピックアップして、港には2時過ぎに到着
港4時集合のため、少し時間あったので港でウロウロ

今回船釣り初めての輩は、暇を持て余しルアーでキャストしているが、何も釣れない

釣り座は艫側には先客が居たので、ミヨシより、右舷3つ、左舷4つに分かれる  私は右舷ミヨシ

4時15分にゆっくり岸払い、まずはLTイサキからです
久しぶりのコマセ釣り
海は凪ぎも良く、ポイントに到着し皆に仕掛けが配られ実釣スタートしますが・・・・・
釣れません・・・今回も?

船中1、2尾釣れたでしょうか?
私は、良型のイサキを船縁でバラシたのと、15cm程のアジが1尾釣れただけ

7時までポイント移動しながら我慢するが、船長も堪らず1時間早く鬼カサゴに変更
勇盛丸の鬼カサポイントは大型が出るので、楽しみ♪

鬼カサゴのポイントへ到着し第1投目、ミヨシに居た私と小山君が着底と同時にダブルヒット
結構、型が良さそうな感じです♪
上がって来たのは、私には良型の沖メバル 左舷の小山君には良型の本命鬼カサゴでした

その後、二枚潮の底潮がメッチャ早くて、船中お祭り騒ぎです
投入後、着底まではするが、錘を浮かせると、道糸が3,40mすぐに出て行きます

それでも、鬼カサゴは船中ポツポツと上がっていましたが、私には良型カンコにノドクロが各1尾、1m級のサメが3尾で本日終了

船中仲間の1人にボーズが出ましたが、みんな楽しんで貰えたようで良かったです。

この日も、潮が良くなくて、敢えなく撃沈の私でしたが、釣りは楽しいね♪



平成23年6月19日 新島キンメ

 
 釣行先  静岡県 手石港  なつ丸
 同行者  
kinmeさん、五十嵐さん、nobu_nobuさん、へそちゃん


今年二回目の釣行は、南伊豆手石港なつ丸から新島へキンメ狙いです。

行きは、4時過ぎに自宅を出て、5時過ぎにへそちゃんの秘密基地へ到着。荷物を積替えて、へそちゃんの愛娘にご挨拶して、いざ出発!
流石に手石港までは遠いですね、私ん家から、沼津-天城峠経由で200kmの道のりです。

9時頃に手石港に到着するも、周りには食べるところが少なく、ラーメン系の店を探すが、なくて港近くの焼き肉屋さんへ入る。
焼き肉屋では、へちょちゃんの食べる食べること・・・まだ、控えめだって言ってたけど(◎-◎)

kinmeさん達は船宿に到着し、もう寝るとか・・・
私達は船着場で、エサを付け、蚊に刺されながら仮眠する

集合時間の2時半前、kinmeさん達も船着き場へ到着

釣り座は、舳先から、kinmeさん、五十嵐さん、nobu_nobuさん、へそちゃん、私、一般客です

船着場を3時前に岸払い、約1時間程で、ポイントに到着。反応を探しながら、投入時間を待つが・・・・あまりよろしくないみたい

ポイントを定め、第一投目 幸先よく私に当たりがあるも、上がって来たのはメダイ 船中キンメの顔は拝めず
無線で船長達の会話からも、今日は(も)良くないみたい

それでも、2投目以降ポツポツとキンメが上がるも、お祭りで仕掛けがグチャグチャ、酷いときには道糸まで切らないと解けない始末

そんな中、水深450m〜350mの駈け上がりの”壁”で、へそちゃん、nobu_nobuさんが2kg超の大型トロキンメを釣り上げる

へそちゃんのトロキンメは2.5kgもあったとか(羨
大型の出る確率が高い”壁”で、確実に大型をゲットするとは流石です

しっかし、あの壁は凄い”壁”だった
20本仕掛けの針がすべて根に取られて、ハリスだけが上がって来たのにはビックリです
潮が速かった所為もあるが、錘が根掛かりするだけでなく、針すべてが”壁”に食われるとは

そんなこんなで、結局私の釣果はと言うと、キンメ3尾、深海カサゴ1尾、メダイ1尾で終了

4月のキンメ釣行時も、今年最悪の日とか言ってましたが、私の行く日って比較的釣果の伸びない日が多く、辛いなぁ

帰路は、高速料金1000円が終了の日とあって、渋滞を予想していたが、案の定、事故渋滞も重なって、自宅到着が8時半でした。




平成23年4月15日 新島キンメ

 
 釣行先  静岡県 稲取港  晃山丸
 同行者  
小山君


今年初の釣りへ4ヶ月振りに行って来ました。

釣り場は、稲取の晃山丸から新島のキンメ狙いに小山君と出掛けて来た

港に1時過ぎに到着したが、席は舳寄りと艫に先着が居たので、艫2、3番を確保した。私は艫3番
港では嫌な風が吹いてます。

晃山丸では3月に船を購入し、キャビンにはベットが有りました。

3時45分定刻に岸払い、航程1時間半をゆっくりベットで睡眠
建て付けが良いのか、船のビビリもなく静かで、しっかり眠れました

5時過ぎにポイントに到着すると、いつもは見ない程の船が集まっています・・・
反応を探して、周りを探るが・・・・探るが・・・
6時にようやく投入の合図が出る・・・が、反応がないのか?アタリも無く、すぐに巻き上げの合図です
また、反応を探してウロウロ、ウロウロ
他の船も同じ感じ

3投目私にアタリが・・・暫く糸を送り続けるが・・・巻き上げ合図で揚げると、レギュラーサイズよりも小さなキンメが2尾、艫の方も同サイズを2尾

その後も、反応が出ないためか、ウロウロ、投入してもアタリなく早い巻き上げ合図が続き、本日終了

自宅に戻り宿のHPを見ると、今年一番の渋い釣果だったと(~_~;)
他の船も同様な釣果で・・・

これはまた、行くしかないね








2000-2003釣り日誌はこちら
2004釣り日誌はこちら
2005釣り日誌はこちら
2006釣り日誌はこちら
2007釣り日誌はこちら
2008釣り日誌はこちら
2009釣り日誌はこちら
2010釣り日誌はこちら
 
     笠ちゃんの釣りコーナへ戻る   トップページへ戻る