社会福祉法人 西三河子供の家
愛知県 刈谷市 富士見町3-209


刈谷市 富士見町3-304(東園舎) ☎:0566-23-2224
 刈谷市 富士見町3-209(西園舎)
      刈谷市 富士見町1-202(分園こぐまっこ)



刈谷市 半城土町中の湫110番地 ☎0566-93-1651

 
職員募集
ここ↑をクリック

紹介・沿革
  
 こぐま保育園は、刈谷市の中心部からやや南側を流れる猿渡川沿いに広がる緑豊かな田園風景が見渡せる静かな住宅街の端・五軒屋公園の隣にあります。
 第二こぐま保育園は、かつて依佐美の鉄塔が並んでいた刈谷市南部の田園風景の中、朝日中学校のすぐ隣にあります。

 1965年5月、働く父母の強い要望の中で、産休明けから預かる保育所としてこぐま共同保育所が発足しました。
 1978年4月、より安定した保育環境を求め、産休明けから2歳児までの30名定員のこぐま保育園を誕生させ、その後、乳児室を拡張、園舎の拡張による定員増と3歳児までの保育をしてきました。
 2004年3月、東園舎が完成し、長年の夢であった就学前までの保育園となりました。また、同時に子育て支援センター“ひだまり”も開設しました。さらに、2010年10月に、本園から徒歩2分のところに分園を開所しました。
 2013年4月、待機児童の解消をめざして人口急増地域である刈谷市南部の半城土地区に第二こぐま保育園を開園しました。
 詳しくはこちら


法人理念保育所理念保育目標



保育園ではこんな保育をしています

産休明け保育
(生後43日目から) 刈谷市唯一の産休明け保育園
  です。申し込みは刈谷市子ども課へ。

延長保育 保育時間は午前7時半から午後7時半まで
祝日保育 祝日も保育しています。保育時間は午前7時半から
        午後6時半まで

手作り給食・アレルギー給食 園内で調理した食事を提供し
 ています。ひとりひとりに合わせたアレルギー給食も行っています。

個々にあった離乳食 個々の発達に合わせた離乳食を提供して
 います。



保育園で大切にしていること

あそび 子どもにとって遊びは生活のすべてで
 す。遊びの中での発見や感動を大切にし、人との
 かかわりを豊かに育てます。

食事 食事は、子どもの成長と健康の源です。離乳食・アレルギー食
 等、一人ひとりに合わせたきめのこまやかな対応をしています。
 食材は無添加のもので薄味に心がけています。また、おやつも食事の
 一環として手づくりで季節感のあるものにしています。

生活  毎日機嫌よく生活するために、子どもの一日を掌握して
 保育に生かせるよう連絡ノートを作っています。また、発達に応じて
 食事・排泄・衣類の着脱・清潔など生活習慣を身につけていきます。



分園「こぐまっこ」
 保育内容は本園と同じです。入所は、刈谷市こども課に問い合わせてください。


 詳しくは分園「こぐまっこ」
             こぐまっこの一日のページで。


  子育て支援センター ひだまり
 
ひだまりでは、就園前の地域の子ども達とお母さん達が親子ともに友達を作って楽しく遊んでいます。こぐま保育園の中にあります。まだ来所したことのない方はのぞいてみてくださいね。
  
  
詳細は、ひだまりのページを見てください



 一時保育室

     こぐま保育園 『こあら』 
         ℡:080-1562-5124(受付時間:平日の14時~16時)

     第二こぐま保育園 
「そよかぜ」
         ℡:0566-93-1650(受付時間:平日の14時~16時)

こんな時に利用できます 
  1. 保護者の就労により、月14日以内の保育が必要な場合。
  2. 保護者の傷病・事故・出産・看護・災害など社会的に
    やむを得ない緊急な事由により一時的に保育が必要な場合。
  3. 育児に伴う心理的・肉体的負担を解消するためなど、私的理由
    により一時的に保育が必要な場合。
         詳細は『こあら/そよかぜ』のページをご覧下さい

 
 保育園の様子

こぐま保育園

 
  
運動会は台風と台風の間ということで天候が心配でした。ところが、当日は晴天に恵まれ絶好の運動会日和でした。お天気に感謝です。
 小さいクラスの子どもたちは普段の運動遊びをホールで行いました。おしりをフリフリ歩いたり斜面をよじ登るかわいい姿に皆さん目を細めていました。
 大きいクラスの子どもたちも、跳び箱・ろくぼく・鉄棒とこれがやれるようになりたいという願いを持って挑みました。思うようにできずに悔しくて泣いたこともありましたが自分で気持ちを切り替えて挑戦しました。
 父母競技の「3人4脚」はどのクラスからも大好評でした。「パパーがんばれー」と身を乗り出しての子どもたちの声援に、真剣に走るお父さんお母さんでした。
 運動会後も熱い気持ちが冷めやらず、毎日運動会ごっこをしています。鉄棒や雲梯も引き続き大人気です。いるかくじら組では4歳児も交えてリレーごっこを行い、順番が分からなくならないようにと5歳児が指導して?4歳児を間に入れて楽しんでいます。運動会を終えて一回りも二回りも大きくなった子どもたちを感じます。


     第二こぐま保育園

 みなさんこんにちは!今、お野菜が高値になっていますね。年がら年中店頭に並んでいる、トマト・きゅうり・レタスには手が出せません。手ごろなところでズッキーニ・モロヘイヤ・玉ねぎ・キャベツ・人参・パプリカ・オクラ等。おひさまの力は偉大だとつくづく思うこの頃です。
 さて、小児の生活習慣病が危惧され久しいですが、実際に幼児や小学生にも肥満かな?と見られる子どもが目につきます。多くの要因が原因としてあげらています。第二こぐま保育園では、離乳食からアレルギー対応食を個々に合わせて調理しています。現場は非常に大変ですが、子どものことを考えて頑張っています。「食べることは生きること」といわれますが、食はおいしく楽しくいただくことが基本です。おいしいものをいただくと幸せな気分になります。多少落ち込んだり怒ったりしていても、あら不思議!ちょこっとしたおいしいものや家族友だちと一緒に食べるだけでうれしくなりますね。
 先回、動物の子育て事情を少し書きましたが、「食べること」についてはどうなのでしょうか。保育園のツバメたちは、ひなの時はせっせと親鳥が運んでいましたが、巣立ちしてからはきっと独り立ちして、自分でえさを取っては食べ、南の国へ飛び立つ用意をするのでしょうね。いずれにしても、和食がユネスコ無形文化遺産になりましたが、もっと食に興味と実践を持って挑戦してみませんか?文化を大切にする日本として、和食にこだわってみませんか。
 園児たちは、毎日のように野菜の和え物や煮物が沢山出てくると半年も経てばペロリとたいらげ、おかわりもしています。幼い時よりの食習慣は還歴を過ぎても舌と脳が覚えていてある日突然食べたくなります。私の場合それが金平ごぼうです。皆さんはどうですか?
 




刈谷の保育をよりよくする会のホームページを立ち上げました
こちらをご覧ください 
 こぐま保育園って?

 ● こぐま保育園って 
保育園の紹介、こぐまのあゆみ、よくある質問、祝日保育、保育園の行事、 ピカピカの一年生、ひなまつり、分園こぐまっこ一時保育室、子育て支援センター、児童クラブサポート

 ● 外遊び 室内遊び
水遊び、絵本の読み聞かせ、 園でよく読まれている絵本、牛乳パック新聞紙工作、小麦粉粘土、わらべ歌
砂遊ザリガニ釣りシュレッダー紙くず

 ● 園の様子・生活  
トイレトレーニング、友達、噛み付き、保育園・幼稚園、 慣らし保育、喃語、育児支援
 連絡帳
こぐまの保育 0歳 1歳 2歳 3歳 4.5歳

 ● 保育園での健康・保健
   
治癒証明(出席停止証明書)

 ● 食事・レシピのメモ  
レシピ、おやつ、幼児食、離乳食、箸の持ち方、食器、給食アレルギー給食
今日のお野菜なあに?スキムミルクで栄養素強化を
 ☆2013年度 法人財務諸表

園や子どもの様子・こぐま編

運動会特集

入場行進  オープニングはキッズそうらん


登れる子だあれ  青竹渡りの冒険だ

跳び箱や鉄棒にチャレンジ

ホールでは 0・1歳児も 登って滑って


3人4脚 パパママ・先生も頑張れー 


運動会の最後はやっぱりリレーで盛り上がりました


第二こぐま編

運動会特集

オープニングは5歳児の演技です


よーいドン(2歳児) 先生のところまでかけっこだ


3歳児・4歳児と迫力が増してきます


0歳児も1歳児も園庭で競技

 
跳び箱  鉄棒(いろいろな技が披露されました)

 
変身すれば平均台もろくぼくもへっちゃらだ

数が増えると難しくなるムカデ競争
作 成 : こぐま保育園 ホームページ係  
                       2014年10月19日更新