披雲閣 国重要文化財指定(平成24年7月9日)       トップページに戻る
  
 
披雲閣について

  江戸時代にもこの場所に、約2倍の規模で政務が行われる場所、藩主が生活する場所として「披雲閣」と
 いう名前の御殿がありました。現在の披雲閣は、明治維新後、老朽化を理由に取り壊された旧披雲閣を高松
 松平家の12代当主ョ寿伯爵が大正3年に再建に着手し、3年余りの歳月をかけ大正6年(1917年)に完成
 したものです。当時の新聞記事には「壮麗目を奪う」「瀬戸内海の一大建造物」といった見出しが躍りました。

  この建物は松平家の別邸として建てられましたが、その一方で、香川を訪れる賓客をもてなす迎賓館として
 の役割も持ちあわせていました。建築的特色としては、伝統を踏まえた意匠は近世以来の正統的書院造と
 していささかの破綻もなく、伝統技術と洋風技術が見事に融合された構造となっています。

  さらに披雲閣は、規模も大きく、一部改変はあるものの保存状態もよく当時の様相を伝える非常に高い価値
 を有するもので、平成24年7月9日には国の重要文化財に指定されました。文化財の指定後も貸館としての
 業務を続けており、市民に親しまれる文化財としてこれからの活用が期待されています。

 まさに歴史のステージと呼ぶにふさわしい披雲閣御殿
 あなたもこの披雲閣でオリジナルな夢を描いてみませんか。


 ※披雲閣は貸館として利用できます。歴史ある「和」の空間で、あなただけのオリジナルな夢を描いてみませんか。
   使用ご希望の方は、あらかじめ管理事務所までお問合せ下さい。 玉藻公園管理事務所 電話087-851-1521
 【披雲閣使用料改正のお知らせ】 
  ※消費税法の改正に伴い、平成26年4月1日から、披雲閣使用料が改正されます
   披雲閣使用料

披雲閣使用基準】 【使用料・配置図】 利用状況】 披雲閣使用許可申請書




史跡高松城 玉藻公園【指定管理者】香川県造園事業協同組合

〒760-0030 高松市玉藻町2番1号
TEL:087-851-1521
FAX:087-823-6390