このページは中九州大分・日田(天領日田)の町のご紹介、ご案内をしています、是非一度ご観覧下さい。

天領日田

天領日田に栄えた町人文化

森と水の工房・別館

森と水の工房  森と水の工房・別館 日田の祭り 鮎釣りニュース

日田の祭り

日田森のビール園(サッポロビール敷地内)

生ビールと言えばサッポロビール日田工場

上段へ 豊後大山・梅干し商品 招き猫 日田・物産館 日田・ギフト館 工芸 たも網 日田の銀杏
乾し椎茸 キクラゲ 梅エキス 森と水の工房 山椒すりこぎ棒 日田の梨 鮎うるか しめ縄

三隈川河畔

亀山公園とホテル街

天領日田のはじまり

花火と鵜飼いを見て気分爽快!

天領時代の面影を残す豆田町の風景

日田駅(旅館街へ歩いて約15分)

日田は、文禄3年(1594年)豊臣秀吉の蔵入地(直轄地)を支配する代官が置かれ、以来大名支配も行われたが、それ以外は徳川幕府の
天領(直轄地)となった。その天領も大名預けとなった時期もあるが、貞亨3年(1686年)以来は引続き日田の陣屋(御役所)にあって代官、
郡代の天領支配が行われた。豆田、隈の両町を持つ日田は、政治、経済の中心地として栄え、裕福な商人が台頭し、掛屋や大名の御用達
として活躍して、九州金融の中心となり、日田金は諸大名に貸し出された。当時、江戸、上方、長崎との経済や文化の交流も多く、日田には
文人墨客が訪れ、賑わいました。

日田川開き観光祭

早く川に行きたいのだ〜!

日田・祇園山鉾會館

咸宜園

西国筋郡代(日田代官)着任行列

日田の夏は屋形船で生ビール!

千年あかり

川開き観光祭・芸能隊

亀山公園

廣瀬資料館

草野本家

日本丸館

天領まつり

おひなまつり

川開き観光祭(花火)

天領まつり

日田祇園祭

5月から鮎釣り解禁

日田資料館

上野展望台より日田市街を望む

2月15日〜3月31日

5月20日すぎ土、日曜日

7月20日過ぎ土・日曜日

10月第3土・日曜日

日田市内巡りはコミュニティーバス

国の重要無形民俗文化財指定されている。日田の夏を彩る風物詩、当日2日前の木曜日に行われる駅前の集団顔見世では、全基が勢ぞろいします。隈や豆田地区で9基の山鉾を曳き回す勇壮な姿と、山鉾の美しさは一見の価値あり。

日田祇園祭

屋形舟

吉兵衛(喫茶・食事)さんです宜しく。

主に豆田町や隈町の旧家や資料館で代々受け継がれてきた雛人形を公開しています。

おひなまつり

日田天領人力車

鮎漁の解禁にあわせて、昼間は芸能隊が市内を踊って練り歩き、夜は2日間で計1万発の花火が打ち上げられます。

日田川開き観光祭

目玉は西国筋郡代着任行列。総勢200名の行列が月隈公園から豆田町までを練り歩く時代絵巻が展開されます。

日田天領まつり