■教育内容                         


教育時の様子 (新任警備教育)

   

   


新任警備教育

■基本教育
教育事項 教育の方法
イ.警備業務実施の基本原則について 講義
ロ.警備員の資質の向上について 講義
ハ.警備業法その他警備業務の適正な実施に必要な法令について 講義
ニ.事故発生時における警察機関への連絡その他応急措置について 講義又は実技訓練
ホ.護身用具の取扱について 講義又は実技訓練

教育時間 15時間 経歴により全部、又は一部免除
■業務別教育
業務区分 教育事項 教育の方法
施設警備業務 人車の出入り巡回、機械使用、不審者発見時の措置その他について 講義又は実技訓練、実地教育
雑踏警備業務 交通法令、人車誘導、雑踏整理、資機材使用、その他について 講義又は実技訓練、実地教育
輸送警備業務 車両構造機能、伴走方法、警戒、事故処理その他について 講義又は実技訓練、実地教育
身辺警備業務 警戒方法、資機材使用、不審者、危険防止、その他について 講義又は実技訓練、実地教育
機械警備業務 機械措置の機能、警戒指令、連絡方法、事実確認その他について 講義又は実技訓練、実地教育

教育時間 15時間 内実地教育7時間。経歴により全部、又は一部免除

現任警備教育

■基本教育
教育事項 教育の方法
イ.警備業務実施の基本原則について 講義
ロ.警備業法その他警備業務の適正な実施に必要な法令について 講義
ハ.事故発生時における警察機関への連絡その他応急措置について 講義又は実技

教育時間 教育期ごとに3時間
■業務別教育
業務区分 教育事項 教育の方法
新任に同じ 新任に同じ 講義又は実技訓練

教育時間 教育期ごとに5時間

教育の担当者は警備員指導教育責任者資格者、学識経験者
(実地教育は警備員指導教育責任者及び2年以上実務経験者に限る)