最新のイベント情報
Home

利用登録団体のイベントのご案内
(2012年前月までのイベント情報)

このページは、鎌倉NPOセンターの利用登録団体のイベント情報を掲載するページです。

イベント予告の掲示を希望する団体は下記までご連絡下さい。

特定非営利活動法人
鎌倉市市民活動センター運営会議
npo@chive.ocn.ne.jp

* * * * * * * * * * * * * * * *

《2012年》

● 「秋を告げる鹿の鳴き声」
   第12回暮らしに息づく民俗学


  ★漢字の鹿は象形文字?  ★万葉集の中の鹿は何首?
  ★鹿は神の使い?  ★「鹿鳴館」命名の背景?
   
・開催日時
平成24年11月11日(日)10時
・場   所
鎌倉生涯学習センター 第5集会室
・講   師 佐伯 仁 (民俗学研究家)
・定   員
申し込み先着50名
・参 加 費
500円(当日)
・主   催
自然環境と人間生活を考える会
・後   援
鎌倉市教育委員会 
・問合わせ
090-4710-3790(渡邉)
tm6903@live.jp



● 関谷川の清掃活動

  流れの中の投棄物の回収、護岸の壁の雑草取り、ゴミ袋への収納、草木ゴミを
  束ねる作業、ガードレール下の雑草取りなど、どなたにもできる作業があります。
   
・開催日時
平成24年11月11日(日)9時30分〜11時30分
・場   所
「新風台住宅地入り口」交差点付近の関谷川沿いに集合
・服   装
クリーンデーの服装で。手鎌などあれば持参してください。
川に入れる方は長靴。
・主   催 関谷川をきれいにする会
・問合わせ TEL 0467−47−4015(川村 泰一)
E-mail:kawamura@ir-becs.co.jp



● 現場報告「文化外交と平和構築」

  スポーツ・音楽・アートが結ぶ心の絆
  文化の力は平和をつくれるか?
   
・開催日時
平成24年10月14日(日)10時〜11時30分
・場   所
鎌倉生涯学習センター 第5会議室
・定   員
申込先着 50名(500円)
・講   師
福島安紀子(青山学院大学国際交流センター研究員/「紛争と文化外交」の著者)
・主   催 自然環境と人間生活を考える会
・後   援 鎌倉市教育委員会
・協   賛 鎌倉ユネスコ協会
・問合わせ TEL 090−4710−3790(渡邉)
E-mail:tm6903@live.jp



●     玉縄城築城500年記念イベント
  玉縄歴史アカデミア 連続セミナー No.14

       「戦国北条氏と鎌倉そして玉縄城」

小田原北条五代と玉縄城六代が「武家の古都鎌倉」に残した重要な史実を、
戦国史の第一人者に語っていただきます。
   
・開催日時
平成24年10月8日(月・祝)13:30〜17:30
・会   場
清泉女学院中学高等学校(玉縄城本丸跡)
・講   師
小和田 哲男(静岡大学名誉教授)
・参 加 費 1200円
・主   催 玉縄城址まちづくり会議
・募   集 140名
・申 込 制 イベント名、氏名、住所、電話番号記入の上
往復はがきで申し込み先着申込制
〒247-0073 鎌倉市植木425-16 玉縄城まちづくり会議
TEL/FAX 0467−45−7411(荒井)
E-mail:artbank21@nifty.com
・H   P http://www48.tok2.com/home/tamanawajyo



● 湘南鍵弦楽団 円覚寺チャリティライブ

 発明王エジソンを題材に、クラシック、ジャズ、邦楽・・・からの多彩なゲストと共に湘南鍵弦楽団の曲を個性豊かに演奏し歌います。特別ゲストに川地民夫さん。
御当地ソングを織り交ぜながら「いろんな人がいるから面白い」「いろんな町があるから楽しい」とメッセージを送る愉快なコンサートです。
     (チケットの売り上げの一部は発達障害児へのチャリティになります。)

・開催日時
平成24年10月21日(日) 13時〜15時
・会   場
円覚寺(大方丈)
・料   金
前売り2500円 当日3000円
・主   催
湘南鍵弦楽団
・後   援
鎌倉市、鎌倉市教育委員会、逗子市、逗子市教育委員会
・問合せ/
 申込み先
湘南鍵弦楽団090-3596-6178(伊東)
E-mail: pianonchi@ezweb.ne.jp
・H    P
http://www.kamakurakm.com/



● 日本を愛した『敵国』大使
   「滞在10年」の米国大使ジョセフ・グルー


 日米開戦時の駐日米国大使。満州事変後の1932年から42年までの日米間の歴史的事件を体験。日米開戦阻止に努力。帰国後、知日派の国務次官として早期終戦、本土戦回避、対日占領政策、特に天皇制の存続に深くかかわった。あまり知られていないグルーの人物像と対日観を映像を交え紹介。
   
・開催日時
平成24年9月16日(日)10時〜11時半
・場   所
鎌倉生涯学習センター 第6集会室
・講   師 廣部 泉 教授
(明治大学政治経済学部、ハーバード大学Ph.D(歴史学))
・定   員
申し込み先着50名
・参 加 費
500円(当日)
・主   催
自然環境と人間生活を考える会
・後   援
鎌倉市教育委員会 
・問合わせ
090-4710-3790(渡邉)
tm6903@live.jp



● フィールドワーク 北鎌倉に戦跡を訪ねて

年金者組合鎌倉支部では1年前に『鎌倉と戦争・生きてきたを伝える』を発刊しました。
 そこには貴重な鎌倉での戦争・戦後体験が寄せられ、空襲の被害はなかったとされる鎌倉も戦争と無縁ではあり得なかったことを知りました。
 この冊子に寄せられた体験をもとに、今回は私たちの足で、私たちの住む鎌倉の戦争の爪痕を訪ねてみようと考え、「かまくらNPOセンター」ファンドのご支援を戴き、フィールドワークを企画しました。
 8月6日、広島への思いも込めて、身近な戦争遺跡を訪ね、平和への願いを新たにしたいと思います。
 ぜひ参加してください。

・開催日時
平成24年8月6日(水)9:00〜12:30
・集  合
北鎌倉 円覚寺正面 9:00
・コース
明月院手前の山の壕跡 → 浄智寺境内の壕跡 → 好々亭跡トンネル → 小袋谷・亀の甲山 → 岩瀬・大長寺境内の壕跡 など → 岩瀬公会堂(休憩と講師からのお話)
・参加費
無料(団体保険に加盟)
・講  師
平田恵美さん(鎌倉市立中央図書館 近代史資料室)
神戸治男さん(元岩瀬中学校社会科教諭)
生知義正さん(小袋谷町内会長)
・主   催 年金者組合鎌倉支部
・申し込み 47−9720(飯田 洋)  43−0367(田口 清 )
46−3919(鈴木浄枝) 
E-mail:kimihira@yk.rim.or.jp
※当日参加も大歓迎です。
・H    P
http://nenkin-kamakura.sakura.ne.jp
・その他 当日は炎天が予想されます。
日焼けよけ、飲み物等はご用意下さい。
看護師さんが同行予定です。小雨決行です。



● 鎌倉友の会 夏休み映画会「ミス・ポター」

        111カ国で1億部のベストセラー!出版から100年を超え
   世界で一番愛されているうさぎ「ピーターラビット」
   その誕生に秘められた感動の物語
   夢と恋を大切に守り続けた女性、ビアトリクス・ポター!!

・開催日時
平成24年8月1日(水)9:45〜/12:05〜/14:25〜
・場   所
鎌倉生涯学習センター ホール
・チケット
前売券 大人 800円  高校生以下 500円
当日券 大人 1000円 高校生以下 600円
・チケット販売
鎌倉友の会、島森書店、たらば書房
ビストロガレ(鎌倉生涯学習センター内)
・主   催 鎌倉友の会
・問合わせ 0467−46−4035(牧野)
0467−45−9222(大野)
E-mail:kamatomo16@gmail.co.jp



● 鎌倉こどもミュージカル 第5回公演
  「ロビンソン*ロビンソン」


 舞台は人間とロボットがともに生活をする近未来。
 少女リリーと、忙しい母親の代わりにリリーのお世話をするロボット「ロビンソン」の ふれあいを描く、心温まりそしてちょっと切ない物語。
 心のきずな、友情、そしてあたりまえの毎日を送れることがどんなに幸せかをお届けするストーリーです。
 今年は大ホールで行います。是非多くの方々のご来場をお待ちしています!

・開催日時
平成24年7月31日(火)12時30分開演/16時開演
開場は開演30分前 ※上演時間約1時間30分
・会   場
鎌倉芸術館 大ホール
・料   金
前売り1300円 当日1500円
・主   催
鎌倉こどもミュージカル
・後   援
鎌倉市、鎌倉市教育委員会 他
・問合せ/
 申込み先
TEL 090−4002−8307(鎌倉こどもミュージカル 久村)
E-mail: info@kamakurakm.com
・H    P
http://www.kamakurakm.com/



● 関谷川の清掃活動

  流れの中の投棄物の回収、護岸の壁の雑草取り、ゴミ袋への収納、草木ゴミを
  束ねる作業、ガードレール下の雑草取りなど、どなたにもできる作業があります。
   
・開催日時
平成24年7月8日(日)9時30分〜11時30分
・場   所
「新風台住宅地入り口」交差点付近の関谷川沿いに集合
・服   装
クリーンデーの服装で。手鎌などあれば持参してください。
川に入れる方は長靴。
・主   催 関谷川をきれいにする会
・問合わせ TEL 0467−47−4015(川村 泰一)
E-mail:kawamura@ir-becs.co.jp



● 玉縄寺小屋 七夕の夕べ 篠笛演奏会

  青葉の笛、荒城の月など懐かしい曲を北鎌倉在住の、篠笛演奏家に演奏頂きます。

・開催日時
平成24年7月7日(土)17時開演
・演 奏 者 勝部真琴(北鎌倉在住、篠笛演奏家)
・場   所 龍寳寺 「玉縄ふるさと館」古民家
・参 加 費 大人300円(定員50名)
・主   催 玉縄城址まちづくり会議
・申し込み イベント名、氏名、住所、電話番号を記入の上、電話、FAX、メールにて申し込み
・問合わせ TEL/FAX 0467−45−7411(荒井)
E-mail:artbank21@nifty.com
・H   P http://www48.tok2.com/home/tamanawajyo



● 「七夕」と日本人
     第11回 暮らしに息づく民俗学

         なぜ「タナバタ」と読むの?

   ☆竹、笹を七夕に使う理由は?
   ☆ご存知?竹飾り七つ道具
   ☆日本にもいた星の神?
   ☆七夕に硯を洗う:浄めの神事
   
・開催日時
平成24年7月7日(土)10時〜
・場   所
鎌倉生涯学習センター 第7号室
・講   師 佐伯 仁(民俗学研究家)
・定   員
申し込み先着30名
・参 加 費
500円(当日)
・主   催
自然環境と人間生活を考える会
・後   援
鎌倉市教育委員会 
・問合わせ
090-4710-3790
tm6903@live.jp



● 玉縄歴史アカデミア 連続セミナー Vol.13


     講 演:「武家の古都 鎌倉」北条早雲と鎌倉 そして玉縄城
          黒田 基樹氏(駿河台大学法学部教授)
     鼎 談:戦国の魁ー早雲(伊勢宗瑞)の謎を解く
          黒田基樹氏 VS 伊東潤氏 VS 伊藤一美氏

   
・開催日時
平成24年6月30日(土)14時〜17時30分
・場   所 清泉女学院(玉縄城本丸跡)階段教室
・参 加 費 1200円(資料代共)
・募   集 140名(申し込みは5月1日から)※先着順に入場券発送)


玉縄城址遺構見学
   
・開催日時
平成24年6月30日(土)13時〜13時40分
・集   合 龍寶寺に12時40分集合
・ガイド料 500円(玉縄城を偲ぶコースと場内遺構ガイド料)
・主   催 玉縄城址まちづくり会議
・後   援 鎌倉市、鎌倉市教育委員会
・問合わせ TEL/FAX 0467−45−7411(荒井)
E-mail:artbank21@nifty.com
・H   P http://www48.tok2.com/home/tamanawajyo


● 6000人の命のビザ 悲劇と栄光の外交官 杉原千畝

 日本通過のビザを発給してユダヤ避難民六千人の命を救った杉原千畝の人生を映像を交えて講演
   
・開催日時
平成24年5月27日(日)10時〜11時半
・場   所
鎌倉生涯学習センター 第5集会室
・講   師 白石 仁章(「諜報の天才杉原千畝」の著者)
・定   員
50名(申し込み先着)
・参 加 費
500円
・主   催
自然環境と人間生活を考える会
・後   援
鎌倉市教育委員会 
・問合わせ
090-4710-3790
tm6903@live.jp  (渡邉)



● 関谷川の清掃活動

  流れの中の投棄物の回収、護岸の壁の雑草取り、ゴミ袋への収納、草木ゴミを
  束ねる作業、ガードレール下の雑草取りなど、どなたにもできる作業があります。
   
・開催日時
平成24年5月13日(日)9時30分〜11時30分
・場   所
「新風台住宅地入り口」交差点付近の関谷川沿いに集合。
・服   装
川に入られる方は長靴。その他の方はクリーンデーの服装で。
手鎌などあれば持参してください。
・主   催 関谷川をきれいにする会
・問合わせ TEL 0467−47−4015(川村 泰一)
E-mail:kawamura@ir-becs.co.jp



● 世界の希望大国 ブラジルの魅力
     在ブラジル日本公館在勤18年

 中南米最大の国。豊富な資源を背景に経済成長著しいブラジルは、有望な新興国として世界から注目。人口1億9400万人。
   
・開催日時
平成24年5月6日(日)10時〜
・場   所
鎌倉生涯学習センター 第6集会室
・講   師 竹内 重弘(前在ブラジル日本大使館参事官)
・定   員
50名(申し込み先着)
・参 加 費
500円
・主   催
自然環境と人間生活を考える会
・後   援
鎌倉市教育委員会 
・問合わせ
090-4710-3790
tm6903@live.jp  (渡邉)



● 謎の古代遺跡と与那国島の海底遺跡

 テレビ、雑誌でも有名な沖縄の謎の古代海底遺跡を10年間調査。
「うつけ信長」で第一回歴史群像大賞受賞。古代祭祀学を開拓中。
   
・開催日時
平成24年4月8日(日)10時〜11時半
・場   所
鎌倉生涯学習センター 第6集会室
・講   師 鈴木 旭(歴史作家)
・定   員
50名(申し込み先着)
・参 加 費
500円
・主   催
自然環境と人間生活を考える会
・後   援
鎌倉市教育委員会 
・問合わせ
090-4710-3790
tm6903@live.jp  (渡邉)



● 関谷川の清掃活動

  流れの中の投棄物の回収、護岸の壁の雑草取り、ゴミ袋への収納、草木ゴミを
  束ねる作業、ガードレール下の雑草取りなど、どなたにもできる作業があります。
   
・開催日時
平成24年3月11日(日)9時30分〜11時30分
・場   所
「新風台住宅地入り口」交差点付近の関谷川沿いに集合
・服   装
川に入られる方は長靴。その他の方はクリーンデーの服装で
手鎌などあれば持参してください
・主   催 関谷川をきれいにする会
・問合わせ TEL 0467−47−4015(川村 泰一)
E-mail:kawamura@ir-becs.co.jp



● 新装映像講演会「桜を仰ぐ」
   暮らしに息づく民俗学シリーズ(第10回)

 日本人のこころを映し、心を支える桜。さくらの「さ」は何を表わすか?
「くら」は「鞍」の意味?『万葉集』には桜より梅の歌が多い?
「桜見」の本来の意味は穀神との共食の宴!
さくらは極楽浄土の花?桜の歌人・西行の庵の今は?

   
・開催日時
平成24年3月11日(日)10時〜11時半
・場   所
鎌倉生涯学習センター 第6集会室
・講   師 佐伯 仁(民俗学研究家)
・定   員
50名(申し込み先着)
・参 加 費
500円
・主   催
自然環境と人間生活を考える会
・後   援
鎌倉市教育委員会 
・問合わせ
090-4710-3790
tm6903@live.jp  (渡邉)



● 日露戦争を勝利に導いたリーダー
   児玉源太郎について語る

 卓越した戦略、視野の広い大局観で日露戦争を勝利に導いた児玉源太郎は、
無私で思いやりのある人物でもあった。内務大臣から降格人事を了承して
旅順攻囲戦での大胆な戦略、奉天会戦までの周到な戦略をたて、ついに
大国ロシアを追い詰めた。「第一線の状況に暗い参謀はものの役に立たない」
「諸君らは昨日の専門家であるかもしれないが、明日の専門家ではない。」
と指摘、現代にも通じるリーダーの資質とは?

   
・開催日時
平成24年2月26日(日)10時〜11時半
・場   所
鎌倉生涯学習センター 第5集会室
・講   師 原 剛(NHKドラマ「坂の上の雲」陸軍軍事考証)
・定   員
50名(申し込み先着)
・参 加 費
500円
・主   催
自然環境と人間生活を考える会
・後   援
鎌倉市教育委員会 
・問合わせ
090-4710-3790
tm6903@live.jp  (渡邉)



● 映画会「マルタの優しい刺繍」

・開催日時
平成24年2月18日(土)10:00〜 12:15〜 14:30〜
・場   所
鎌倉生涯学習センター ホール
・入 場 料
前売り 大人 800円  高校生以下 500円
当 日 大人 1000円 高校生以下 600円
・主   催 鎌倉友の会
・問合わせ 0467−32−4376(田中)
0467−45−9222(大野)
E-mail:kamatomo16@gmail.co.jp



● 全国福祉ショップの集い
   “明日を拓く福祉ショップ”


障害者の働く就労支援施設と福祉ショップの橋渡しのシンポジウムと福祉製品商談会!
くわしくは、HP・ブログをご覧ください。
・開催日時
平成24年2月11日(土)10:00〜19:00
・場   所
レイウェル鎌倉
・講  師
湯村利憲氏(宮城県臥牛三敬会理事長)
・参 加 費
資料代として1000円(懇親会参加は+1500円)
・主   催 朋ボランティアグループ
・問合わせ 0467−22−0802(FAX共)
E-mail:tomokamakura@goo.mail.ne.jp
・H  P
http://www.fz.dion.ne.jp/~mainet/



● 震災支援名画ポスター展
   チャリティー展示会

      
・開 催 日
平成24年1月28日(土)、29日(日)
・場   所
鎌倉まちの駅
・主   催 ひと・まち・鎌倉ネットワーク
・問合わせ 0467−60−4906(ひと・まち・鎌倉ネットワーク)



●    龍の棲む鎌倉
  「鎌倉龍神伝説」を追って


 来年は「辰年」。中世鎌倉には龍が棲んでいた。中世の人々の想念の
中では、地震・津波は龍の鳴動と信じ、また、国難に際しては、龍が日本の
国土を守護すると信じた。江ノ島から鎌倉西部の地形・景観から鎌倉に龍体を
イメージしつつ蒙古襲来の脅威から武家の鎌倉を守ろうとしたといわれる。
また、江ノ島龍口、龍口大明神、「天女と五頭龍伝説」等、鎌倉には龍にちなむ
話はあまりに多い。
   
・開催日時
平成24年1月21日(日)10時〜11時半
・場   所
鎌倉生涯学習センター 第6集会室
・講   師 政男 吉郎(鎌倉郷土史家)
・定   員
50名(申し込み先着)
・参 加 費
500円
・主   催
自然環境と人間生活を考える会
・後   援
鎌倉市教育委員会 
・問合わせ
090-4710-3790
tm6903@live.jp  (渡邉)





* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

各イベントに関するお問い合わせは
当該団体にお願いいたします。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

最新のイベント情報
2011年のイベント情報
Home