相談Q&A事例集

NPO法人の役員報酬について

Q:

介護事業を目的とするNPO法人の役員ですが、介護事業にも直接携わっていて若干の報酬を受けています。
この場合、事業費として支払われる給与手当も役員報酬として届出なければなりませんか。

A:

NPO法人については、NPO法第二条において、報酬を受ける役員は役員総数の3分の1以下であることとされており、毎事業年度ごとに事業報告書と共に提出する役員名簿には報酬をうけた期間を記載する必要があります。
ところで役員報酬の内容ですが、これは法人の経営・管理に当たって受け取る給与であって、事業費のなかで支払われる日当等に該当する金額は含まれないとされていますので、理事等の役員として受ける報酬についてのみ考慮すればよいことになります。
またその額についてもNPO法人としての常識的な範囲を超えなければ差し支えないと考えられますが、実際には役員としての報酬が支払われている例は稀だと思われます。


相談Q&A事例集