森林GISについて

 森林の管理や山林作業は、地図がなければ成り立ちませんが、その地図をコンピューターに取り入れ、小班などその地図の区分ごとに所有者、面積、樹種、林齢、その他いろいろな情報を記憶させ、集計、解析、図化などコンピューターによって容易に実施できるようにしたシステムが地理情報システム(Geographic Information System) で、その頭文字がGISとなります。
 GISは、地図やデータなどの初期入力に膨大な経費を要するほか、目的に沿った適当なソフトが必要です。森林GISの導入を計画するには都道府県の担当者の意見を聞くことをお勧めします。当協会の会員でソフトの作成や販売を行っている会社があり、経験も豊富なので相談にあずかれるかと思います。詳しくは会員の「業務内容」をご覧下さい。