株式会社 三倖 Online Shop
戻る トップ 
  原料>霊芝


田七人参  イチョウ葉 

原料

霊芝



霊芝の写真 霊芝
Reishi


霊芝の種類


       


       


       


概 要

 霊芝とはサルノコシカケ科(担子菌類:キノコ類はすべて菌の一種なのです)に属する薬用キノコで、和名をマンネンタケ(万年茸)と呼ぴます。キノコ全体がコルク質ですから、勿論食用には適しません。食べられるサルノコシカケ科のキノコもあります。マイタケ類が代表で、その他アミヒラタケ、マスタケ、ヤニタケ、センニンタケ、ニンギョウタケ、アオロウジ等があります。薬用では、チョレイ(猪苓)、ブクリョウ(茯苓)、カワラタケ、チャカイガラタケ、コフキサルノコシカケ等が代表です。これらの中でも霊芝の薬用作用は、その幅広さと力強さで群を抜いています。ただ人工栽培が大変難しかったため漢方薬から外れてしまったのです。原料の確保が易しかったチョレイ、ブクリョウだけは漢方薬(正確には生薬)に認められています。



基本的働き

  1.  血液を大変きれいにし、血液の粘りを減らし、血管に柔軟性を取り戻します。もう少し詳しく言いますと、血液の健康に関係の深い、骨髄、肝臓、腎臓、脾臓が元気になり、その結果血液中に余分にあるコレステロール、中性脂肪、ブドウ糖を正常化し、ホルモン類、酵素類のバランスをとり、発癌性物質、活牲酸素を滅らし、血栓(血液の固まり)が不要にできるのを防いでくれるのです。その結果きれいな血液の流れが増し、色々な臓器がどんどん元気になっていくのです。
  2.  免疫力(自然治癒力)を強化する力が抜群なのです。体内の異物を食べる力(貪食能、主にマクロファージ)が増強されその数も増えますので、この面からも血液がきれいになっていきます。さて癌研付属病院の陳博士が「霊芝は夢のガン制圧剤だ」と持いているのは、実は霊芝の免疫力増強作用のことです。三重大医学部で伊藤博士と著者が実施した免疫力増強作用の実験(下図)でも、そのカの強さが十分確認されました。ただし霊芝を飲むのを中止しますと、一週間くらいで元の低い状態に戻ってしまうので、高い免疫力を常時身につけるには、続ける必要があります。
  3.  異常免疫系(過敏症:アレルギー)の正常化作用があります。アレルギーにはT型からX型までありますが、色々な研究者が調べた結果、すべての型に霊芝は有効ということがわかりました。漢方薬でも大変珍しいことだそうです。
  4.  自律神経系(交感神経、副交感神経)、中枢神経系を鎮静化し、ホルモン分泌の異常を正常化します。


霊芝の免疫力増強作用のグラフ 霊芝の免疫力持続作用のグラフ

以上の実験より、ガンの予防は一生、手術後の再発・転移の防止には最低5年間は続ける必要がある。



臨床的働き

高血圧

  1.  血液の粘りを低下します(血液の清浄化作用による)。
  2.  血液から余分な水分を減らします(利尿作用)。ただし必要成分は排泄しません。
  3.  血管に柔軟性を取り戻します(動脈硬化改善作用による)。
  4.  自律神経の鎮静作用があります。新薬の精神安定剤的働きです。だから不眠症にも良いのです。中国では神経衰弱にも使っています。
    1.  降圧剤を徐々に滅らしてゆけます。
    2.  降圧剤の様々な副作用を抑えてくれます。
    3.  血圧正常化作用なので、新薬みたいに不必要に下げ過ぎません。
    4.  血圧が安定化します。
    5.  自覚症状の改善作用が顕著です。

低血圧

  1.  ホルモンバランスの崩れを正常化し、自律神経の失調をなおします。
  2.  血液循環正常化作用
  3.  強心作用
    1.  低血圧特有の自覚症状<朝起きがツライ、不眠症、肩凝り、手足の冷え、胃弱、貧血(若い女性の40%)、疲れやすい、動悸がしやすい、耳鳴り、便秘、食欲不振、根気がない>を顕著に改善します。
    2.  最高血圧を100以上にします。

肝臓病

  1.  血液がきれいになり、肝臓を流れる血流量が増えます。
  2.  インターフェロン(抗ウイルス作用、免疫力増強作用)を自身の体内で増やします。動物実験では普段の20倍以上生成されました。
  3.  肝臓病の中には、免疫系異常が関与しているものもありますが、これも改善する作用があります。
    1.  レイシとか漢方薬類、民間薬類を使えば、肝細胞は元気を取り戻し、そう簡単には肝硬変になったり、肝ガンになったりしません。
    2.  もちろん検査数値も自覚症状(疲れ、だるさ、食欲不振、悪酔い、顔が土色、腹が張る、吐き気、皮膚のカユミ、手のひらの赤い斑点、クモ状血管腫)も改善してゆきます。

糖尿病

  1.  働きの低下したインシュリンを大変活性化する。したがって血液中のインシュリンはむしろ低下する。まさに根本治療。
  2.  血糖値が高い場合、血糖値を下げる物質(ガノデランA、B、Cという多糖体)が働きます。従ってインシュリンの分泌が無い小児糖尿病(インシユリン依存型)にも期待できます。
  3.  糖類の腸での吸収を遅くしてくれます。食物繊維的働きです。
    1.  霊芝とか漢方薬(八味丸)は、インシュリンの働きを高めて尿糖をなくしていきます。尿糖が消えれば、自覚症状(喉の渇き、多飲、多尿、全身のだるさ(エネルギー不足)、手足のシビレ)もなくなり、合併症の危険もなくなります。
    2.  霊芝は漢方薬と一味違い、幅広い作用を持っていますので、糖尿病の合併症にも期待できます。

動脈硬化・血栓症(狭心症・心筋梗塞・脳血栓)

  1.  血液中のコレステロールや中性脂肪、そしてブドウ糖が多すぎるときには、それらを滅らし、動脈硬化の最大原因の活性酸索を撃退して、血液をきれいにし、血液の粘りを滅らし、血管の中を掃除し、血管に柔軟性を取り戻し、血液量を増やします。
  2.  赤血球とかヘモグロビンの量が適正の範囲で増えます。その結果血液中の酸素量が増えます。
  3.  インシュリン様作用により、脂肪細胞からの脂肪酸の遊離を抑制します(脂肪酸の過度の遊離は動脈硬化を促進する)。
    1.  霊芝とか漢方薬で活性酸素を撃退し、コレステロールなどで詰まった血管を掃除し、血管に柔軟性をあたえ、動脈硬化自体を改善していきましょう。
    2.  動悸、息切れ、息苦しさ、胸痛、不整脈、心電図の異常、その他疲れやすい、手足の冷え、足のムクミ、夜間頻尿などが面白いように改善します。従ってニトロ剤などの出番がなくなります。だから狭心症から心筋梗塞になることは、十分に避けることができます。

腎臓病

  1.  血液がきれいになり、血流が増えるので腎臓は元気になっていきます。
  2.  利尿作用があります。
  3.  慢性腎炎になりますと、免疫系に異常が起こってくることが多いのです(慢性肝炎と似ている)。免疫系の異常の改善にも十分期待できます。
    1.  霊芝とか漢方薬(牛車腎気丸とか五苓散)を西洋医療に併用することによって、地獄の治療の人工透析をできる限り阻止しましょう。
    2.  自覚症状(まぶた・顔のムクミ、排尿の異常、血尿、蛋白尿、だるさ、食欲不振、頭痛、頭重、貧血、高血圧、心筋障害、消化不臭、骨障害など様々ある)検査数値なども改善していきます。
    3.  すでに人工透析を始めている人は、中止するのは難しいが(但し尿がある程度出ていれば、中止の可能性は十分ある)、体調の回復には期待できます。

アレルギーおよび慢性関節リウマチ(膠原病の代表)

  1.  異常免疫の正常化作用(過敏症の改善)があります。
  2.  鎮咳(せきをしずめる)、去痰(たんを除く)、平喘(あえぎをしずめる)作用があります。
  3.  気管支の分泌・気管支の収縮抑制作用(いわゆる抗喘息作用)があります。
  4.  副交感神経の異常興奮を抑える作用(抗アレルギー作用)があります。
  5.  インターフェロン(作用の一つに白己免疫疾患の改善があります)の生成量が増大します。リウマチ等の自己免疫疾患に良い埋由の一つです。
    1.  霊芝はアレルギーのすべての型(T型からX型まで)に有効であることが、色々な研究者により確認されていますので、一度は使ってみて下さい。
    2.  慢性関節リウマチの自覚症状(朝起きた時の手のコワバリ、関節のハレ・痛み、貧血、発熱、頻脈、だるさ、食欲不振)の改善が期待できます。そして副作用の強いステロイドホルモン剤などの量を少しずつ滅らしてゆけます。

ガン(癌)

  1.  ガン細胞とか異物を食べる大食細胞(マクロファージ)とかNK細胞(ナチュラル・キラー細胞)を増やしたり活性化します。
  2.  インターフェロンの生成量が増大します。インターフェロンの作用に抗腫瘍性、免疫力増強、異常細胞の分裂抑制等がありますので、当然ガンに有効となります。
  3.  発ガン・老化促進物質の代表、ラジカルイオン(活性酸素)の除去作用が顕著です。いわゆるSOD活性が強いのです。
  4.  抗腫瘍性の強い多糖体(β-1、3-D-グルカン)を大量に含んでいます。
    1.  免疫力全般を強く高めますから、予防的に飲むのが最適ですが、ガン手術後の再発・転移の防止(5年間全力投球、一日10錠以上)に十分期待できます。
    2.  末期ガンの人が倍量以上飲みますと、ガン細胞がおとなしくなり、食欲がでて、体力が回復して元気になり、ガンの痛みもなくなり、かなりの延命効果が期待できます。
    3.  西洋医学の抗ガン剤とか放射線に霊芝を併用しますと、西洋療法の副作用(発熱、吐き気、下痢、食欲不振、だるさ、白血球滅少、肝臓障害、腎臓障害など)をかなり軽減してくれます。その結果医者が思い切った治療が出束ます。



 Microsoft Internet Explorer 6.0でご覧になることをお奨めします