SN2006X in M100(NGC4321) Type Ia 

2006年2月5日未明、千葉県の鈴木章司さんが、かみのけ座の銀河M100に超新星を発見!!
国内今年初の超新星発見です

Bright Supernova Page


画像提供者
 上野裕司氏(鹿児島県与論町)
隈元俊一氏(宮崎県都城市)
亀山壽雄氏(千葉県市原市)
広瀬洋治氏(神奈川県茅ヶ崎市)

M100銀河 距離 約7000万光年(銀河後退速度1571km/s ハップル定数73として)

2006年1月29日 24時19分  画像提供・亀山壽雄氏(千葉県市原市)
超新星出現前の画像!!

2006年2月7日  画像提供・上野裕司氏(鹿児島県与論町)

2006年2月8日  画像提供・隈元俊一氏(宮崎県都城市)

2006年2月10日01時46分  画像提供・広瀬洋治氏(神奈川県茅ヶ崎市)


Subject: vsolj-news 149: SN 2006X in NGC 4321 = M100

                        VSOLJ ニュース (148)

        千葉の鈴木さん、M100に超新星を発見

                                         著者  :山岡均(九大理)
                                         連絡先:yamaoka@rc.kyushu-u.ac.jp

  NGC 4321 = M100は、私たちに最も近い銀河団である「おとめ座銀河団」に
属する渦巻銀河です。この銀河には、これまでに4つの超新星が発見されてお
り(1901年、1914年、1959年、1979年)、星形成がかなり活発な銀河であると考
えられます。

  このM100に、5つめの超新星が発見されました。世界最初の発見は、千葉県
にお住いの鈴木章司(すずきしょうじ)さんです。2月4.747日(世界時、以下同
様)に32cm望遠鏡と冷却CCDを使って撮影した画像から、17等の超新星を発見し
たのです。この超新星は、7.10日にイタリアのM. Migliardiさんも15.3等で独
立に発見し、超新星2006Xという名前が付けられました。

  Migliardiさんが測定したこの超新星の位置は、

    赤経: 12時22分53.99秒
    赤緯:+15度48分33.1秒 (2000年分点)

で、銀河の中心から西に12秒角、南に48秒角のところに当たります。

  星生成が活発な銀河であることから、大質量星の重力崩壊による超新星であ
る可能性が高いものと思われます。今後の追跡観測が期待されます。

参考文献: IAUC 8667 (2006 Feb. 7)

2005年2月8日

※ この「VSOLJニュース」の再転載は自由です。一般掲示、WWWでの公開
  等にも自由にお使いください。資料として出版物等に引用される場合には出典
  を明示していただけますと幸いです。継続的・迅速な購読をご希望の方は、
  VSOLJニュースのメーリングリスト vsolj-news にご加入いただくと便利で
  す。購読・参加お申し込みは ml-command@cetus-net.org に、本文が
  subscribe vsolj-news
  と書かれたメールを送信し、返送される指示に従ってください。
  なお、本文内容に対するお問い合わせは、著者の連絡先までお願い致します。