丸尾焼き

天草本渡市本渡町本戸馬場3156-2

天草の本渡の、殉教者公園を観光した帰りの道沿いに

モダンな建物を見つけ、寄ってみました。


江戸時代末期に、天草丸尾ヶ丘周辺に産する粘土質の赤土を使い、味噌や醤油の瓶を作り、天草の瓶屋と呼ばれ、3代目が食器や花器などの陶器作りに着手し、現在五代目が日用品としての陶器づくりに取り組んでいるということです。

右の写真をクリックすると、写真が大きくなり、器が見えます。


店内は、天井が高くて明るく、木とコンクリートでお洒落な空間です。
間接照明もたくさん取り入れられ、コーナーごとに、違った趣があり、時間を忘れて器に見入ってしまいました。

左の写真をクリックすると大きな写真が見れます。


店の奥には、喫茶のコーナーがあり、器を楽しみながらお茶を飲むことができます。

喫茶コーナーからは、外の庭に出ることができ、(非常口の緑のランプの下が庭につながる扉)庭にも、イスとテーブルが用意されていて、私が行った時は、外国の人が観光に来ていて、庭でお茶を楽しんでいました。

記念になるものをと思い、ちょうど季節柄”こいのぼり”の絵皿があったので、それを買いました。絵皿は写真にとって近いうちに表紙に載せるつもりです。

気になるお店へ