オープンシステム

オープンシステムとは・・・

オープンシステムネットワーク会議ロゴ
オープンシステムは、設計事務所が建築主のパートナーとなって、一緒に建物をつくるシステムです。
従来の住宅メーカーや工務店に何もかも「おまかせ」する建築と比べ、建築主の負担も、設計事務所の作業量も大きくなりますが、それだけ自分が理想とする建物を無駄なコストをかけずに実現できます。

日本の常識「一括請負」は世界の「非常識」

現在日本で一般的におこなわれる建築方式は 「一括請負(多重下請け構造)」と言われるものです。

いわゆるハウスメーカーや工務店が一括受注して、 自社の下請け専門業者に仕事をまわすというやりかたです。この方式では、 業者内での競争がおきないため価格の変動がなくなり適正価格が保たれなくなったり、 元請け業者と下請け業者の間に談合が発生する場合もあります。

諸外国では、依頼主(施主)が直接それぞれの専門工事業者に仕事を依頼する 「分離発注」 方式が一般的です。しかし、わが国では実際には、よほどの建築的知識がないと、なかなか難しいでしょう。

そこで生まれたのが「オープンシステム」なのです。
イメージ:従来の建築方式との違い

オープンシステムについて分かりやすく解説しています。下記サイトをぜひご覧ください。

設計事務所が施主様の代理を務めます。

一般の「請負契約」との一番の違いは、施主様自身が家づくりの中心的存在であり、設計事務所は施主様をサポートする立場であることです。

施主様と設計事務所は「業務委託契約」を結び、設計事務所が全てを統括して、「家づくり」のお手伝いをします。

設計プランの作成・実施図面の作成・確認申請業務・各専門工事業者に見積もり参加、見積もり提示を依頼・各専門工事業者を決定するアドバイス、工事工程の計画、手配・材料の確認・現場の監理・・・建物完成まで、設計事務所が責任をもって施主様の代理をさせていただきます。
イメージ:完成までの流れ

アフターフォローも万全 「安心の家づくり」

さらに詳しいことはこちらから↓

オープンシステムネットワーク会議ロゴ
オープンシステムで建てた場合、最も心配されるのが、補償のことだと思われます。

工事中の事故、工事業者の倒産などに対応すべく、オープンシステムでは東京海上との共同開発により、補償制度を立ち上げました。

建築後10年間の建物補償も含み、安心していただけます。