東洋医学と西洋医学の結合・癒合・全人医療を目標とする、神奈川県 南足柄市 慈邦会 石川医院 のホームページ

花

2005年 院長便り

  • 11月
  • 12月

2005年11月

足柄山の熊みたいな院長からの便りです

今月から四季折々、為になる話・ならない話を独り言のように綴りますので宜しく。
私は沖縄の出身で髭が濃い(頭髪は薄くなってきた...)ので、
1日2回は電気カミソリで髭を剃ります。
朝が早いので、時間のあるときは15分位昼寝をします。
この時は必ずパジャマに着替えます。
これをしないと、午後は少々頭がボ〜ッとして調子が悪くなります。
毎日、目の前に烏龍茶(凍頂だと最高なのですが...安物も飲みます)
を置いて咽喉を潤しながら頑張っています。
さて、次回からは少し為になる話を書きます。

2005年12月

11月19〜20日沖縄へ行ってきました。

タクシーやホテルの中ではクーラーが必要でしたが、 外は強風でとても寒く感じました。
私の母親は現在94歳で、自立歩行が出来ず、 食事も自分では摂ることが出来なくなり 施設に入所した為に、月に1回位の割合で会いに行っております。
家族が諸々の事情で自宅介護の出来ない場合、 介護保険によって介護の選択肢がいろいろあると助かります。
母親は認知症ではなく、判断力や記憶力が抜群で、会いに行くと 「健康が一番」とか「物忘れするな」などと言われてしまいます。 にもかかわらず、今回は家内と同行したのですが、 家内がホテルに眼鏡を忘れてきてしまいました。 気がついたのはこちらに戻ってきてからでしたが、 運良くホテルで預かってくれておりました為事なきを得ました。 家内はたまにですが、私はよく「物忘れ」を(小さい頃から)します。皆さんその節はどうかお許し下さい。

石川医院  〒250-0117 神奈川県南足柄市塚原710-2 電話0465-72-1230 FAX0465-72-2607
Copyright (C) 石川医院 All Rights Reserved

ページトップへ